養生ブログ by食医の卵

元気に、健やかに、達者に生きることを応援します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~おしらせの記事~

①応援告知☆★    ②オススメ♪



_______________________________________________________________________________







→→“初めて来られた方へ”

→→“まとめ①”

→→“まとめ②”

役に立ちましたらお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:健康管理 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

『食養療法~食べて治す~』

No.79
著者 長岡由憲

著者は松井病院食養内科の医師です。同じ漢方領域の先生なので、大学院の教官と面識があり、私が大学院入学前に講演に来て下さったそうです。
私は教官に、長岡先生の紹介と食養内科の見学をお願いしておりまして、長い保留期間の末、無事に見学できることになりました。2010年11月末です。
このことが決まりましたので、日野先生の本だけでなく長岡先生の本も読まないと御無礼だと思い直ぐに読み始めたという流れでした。

<著者の主張>

1.日本人は食生活が変わったことにより病気の性質が変わった。

2.現代的偏食が病気のきっかけとなる。

3.日野式食養療法 実行条件20カ条のススメ。



<補足&感想等>

これまで紹介した本の知識があるとサクサク読めます。

日本人の食生活が変わったことはこれまで説明したとおりです。

P36の説明が面白いなぁと感じました。
 現代的偏食、古典的偏食というのは私がつくった言葉です。古典的偏食とは、昔の貧しい時代の偏食です。・・・そしてまた、貧しくて食べるものが少ない時に好き嫌いは起こりませんが、逆に食べるものが限られて偏った食生活になり・・・。

人類の歴史は飢餓との戦いであり、どこの民俗も程度の差はあれ「古典的偏食」でした。そして、この古典的偏食の中で生き抜くために養われたのが食文化だったと考えられます。

現代的偏食はこう書いてありました。
・牛乳を飲み過ぎる  ・肉を食べ過ぎる  ・菓子を食べ過ぎる  ・果物を食べ過ぎる  ・乳製品を食べ過ぎる  ・油の料理を食べ過ぎる  ・酒アルコールを飲み過ぎる ・緑黄色野菜が少なくなって淡色野菜が多くなった  ・主食が少なくなって副食が多くなった  ・硬いものが少なくなって軟らかいものが多くなった。


P95に厳しい御指摘がありました。
 現代栄養学では身長や体重などの体位向上や寿命といった外面的なものに重点を置き、機能や抵抗力、耐久力などの人間の内面を見過ごしているところがあるように思います。

先日の学会で、学校給食は戦前は貧困対策、戦後は体位向上、現在は食育が主眼とされているというお話がありました。しかし、体位向上の裏でこのようなことが見落とされていたという指摘は中々出て来ないんですよね・・・。


最後に具体的実行条件をいくつか挙げて締めたいと思います。

4.精白穀物・精白糖等、精製度の高い食品はなるべく用いない。止むを得ず用いる時には、その多食を避け、かつ、せめて強化米~強化精麦を混入するとか、糠や小麦胚芽等を何等かの形で摂るようにし、又カルシウム補給にも努める。

7.海藻を常食する。

11.原則的には野菜(草)の皮を剥かず、根も葉も棄てず、魚の皮も骨も内臓も出来るだけ食べる。但し、汚染の恐れのある時は別。

13.何時如何なる場合でも、誰でもがどんな食物でも生食とか2分間煮とか、長時間の加熱食とかにするのがよいというように囚われるべきではない。一般に果物食の可否についても同様に囚われるべきではなさそうである。


【囚われないこと】という当たり前の真実を是非忘れないで下さい。


<キーワード>
食養 偏食 生態学的栄養学

<関連文献>
『化学的食養長寿論』  『油 このおいしくて不安なもの―くずれたリノール酸神話 油とつきあう健康法』(農山漁村文化協会) 『慢性病の食養法』(緑書房)







役に立ちましたらお願いします。

学校給食について

前回末に書きましたように、学校給食の法律についてご紹介します。


まず、 「学校給食法」 という法律があります。

学校給食法は義務教育諸学校の給食に対するものです。

義務教育以外に学校給食があるのか??って声が聞こえてきそうです。あるんですよ(笑)

それは定時制高校の夜給食です。こちらには、「夜間課程を置く高等学校における学校給食に関する法律」というものがあります。

学校給食法は昭和29年にできました。そして食育基本法ができたことに合わせ、平成20年に改正されました。

改正前の目的は、「心身の健全な発達に資し、かつ、国民の食生活の改善に寄与するものであること」でありました。これが、心身の健全な発達食育の推進と、食生活の改善が無くなり食育という言葉が新たに加わりました。

心身の健全な発達が目的ですから、健康第一の給食を目指すべきですよね。
だから“お菓子な”給食を出していいわけありません!

ちなみに夜間課程の法律も平成20年に改正されたのですが、こちらには食育の文字は入っておりません。また、旧学校給食法の“国民の食生活の改善に寄与”という言葉が使われております。
何故足並みがそろわなかったのか・・・?


さて、これらの法律は「学校給食実施基準(夜間学校給食実施基準)」に基づいて運用されることとなっております。

この基準は今年の4月1日から新基準になりました。→学校給食実施基準一部改正
また、これの基礎資料はこちらです→学校給食摂取基準の策定について(報告)

No.44に標準食品構成表が出てきました。No.45では平成15年5月の通知から除外されたと書いてありました。
しかし、この策定報告には標準食品構成表なるものが出てきます。復活か??

また、No.45の話では、給食に必ず出さなくてはならない食品は存在しないとのことでしたが、この策定報告のP3には、「学校給食においては、カルシウムの給源としての牛乳が毎食提供されており…」と書かれており、あたかも牛乳は必ず出るもののようなニュアンスで書かれております。???


最後に、牛乳の補助金について。
No.45では平成12年から牛乳に対する単価助成は廃止されたとなっていました。
P177 したがって、通常の200mlの牛乳を飲み、尚且つ学校が新設校でもない場合は、牛乳に対する補助金はつきません。

でもこちらも復活でしょうか?
平成15年から農畜産業振興機構により行われているようです。→学校給食用牛乳供給事業の実施要綱等

気になったのは目的が、「酪農の健全な発達並びに生徒、児童及び幼児の体位、体力の向上に資するものとする。」だったことです。体位向上って明らかに時代から逸脱していると思います。
まだこの言葉が食事と絡むとは驚きでした・・・。


学校給食の奥深さが分かった頂けたらと思います(笑)

レストラン ゾーン(Restaurant Zone)


2009年4月中旬、部署の先生が私の歓迎会をして下さるということで、このレストランに連れて行ってもらいました。当時は再度新規オープンした頃でした♪ただ、現在は既に閉店しております。特殊だというのもありますが、純粋に高価というのが原因だと思います。田舎じゃ絶対無理ですもん。

お店の情報が残っておりましたので興味のある方はご覧になって下さい。
→→お店について←←

さて、レストランの説明をします。

Zoneという名前は、糖質・タンパク質・脂質を4:3:3の比率で摂取することを推奨している「Zone理論」によります。

この理論は、バリー・シアーズという生化学者が考案しました。生化学者ということでその理論の背景には体内のホルモンやエイコサノイドの作用があるようです。

この理論を用いた食事が、1992年のバルセロナオリンピックで、スタンフォード大学の水泳選手たちの8個の金メダル獲得に繋がったということで有名になったみたいです。だから病気の治療としての食事法ではなく、スポーツ栄養の食事法としてファンがいるというのが、これまで紹介してきた先生方の食事法と違う点ですね。

因みに、現在のスポーツ栄養学や日本での状況については申し訳ありませんが知りません。興味のある方はご自身で調べて下さい<(_ _)>




実際そこで出されていた料理の感想を述べますと、

①フレンチ系の割には調理に油はあまり使われていない感じでした。
②肉はボリュームもしっかりとしたものが出てきました。
③ローズマリー・ペッパーなど香辛料が良く使われていました。(肉料理だから当たり前かも)

おからパン(80kcal/個)こんにゃくパン(60kcal/個)が出てきました。

この④が一番特徴的だと感じました。糖質のカロリーを抑える工夫ですね。パンの大きさはロールパンくらいでした。もちもちしてて美味しかったです。
このパンが美味しくかつおかわり自由でしたのでみんなで沢山食べました。そして「パンを食べ過ぎると理論からズレてしまいます…」と釘を刺されたのを覚えております(苦笑)





著者の本を読もうと買ったはいいものの結局読まずじまいで今に至っています

それでも一応載せておきますね。







役に立ちましたらお願いします。


牛乳、乳がん関係②

前回に引き続きこのテーマです。

『乳がんと牛乳』で挙げられた牛乳に関する問題は、大きく2つに大別することができるということは理解できているでしょうか?

1つは、牛乳というもの自体の問題。

→これは、【ホルモンカクテル】ということですね。


2つめは、牛の飼育によって生じる問題です。

→P133:現代の酪農では乳牛をできるだけ若年で妊娠させ、出産後もできるだけ早く妊娠させて、出産と出産の間隔をできるだけ短縮する方法が採用されている。


今回はこちら、2つめに関係するお話をします。

<独立行政法人農畜産業農業機構>
「牛乳・乳製品の知識」

こちらの7ページをご覧ください。注視して頂きたいのは右上の図です。

人工授精による妊娠のサークルと、搾乳のサークルが重なっているのがお分かりになるでしょうか?

ここに些か自然の摂理に反した状態があります。

母乳はその種の子どものためのものですよね!ということは出産しないと出ないのが自然です。

しかし、この図を見ると、妊娠しながら母乳を出しているということが窺えるかと思います。


ウィキペディアにも現代の先進国ではそのようにしていると載っていました。


そして調べたら出てきた報告書♪
“日本の市販牛乳と伝統的なモンゴル牛乳中のエストロゲン濃度の比較”

関係者は『乳がんと牛乳』訳者の佐藤先生でした(笑)


佐藤先生はご自身のホームページでも様々な情報を発信しておられますので、参考になさってはいかがでしょうか?
→→生活習慣病を予防する食生活←←





役に立ちましたらお願いします。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。