養生ブログ by食医の卵

元気に、健やかに、達者に生きることを応援します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『21世紀は警告する(2)』

No.138
著者 NHK取材班

2014年9月に読みました。この本は1984年12月に出版されています。シリーズ6巻の2巻になります。
約30年前の本ですね。当時の将来が現在となるのでとても面白く読めます。

第一部が“飢えか戦争か”、第二部が“都市の世紀末”となっています。第一部を中心に話を進めます。

第一部のテーマは「肉食」であり、豚が主役です。肉食と豚から世界がどう繋がりこれからどう流れていくのかを考えていきます。


<著者の主張>

1.戦争が飢えを生む時代から、飢えが戦争を生み出す時代になった。

2.先進国の肉食が、貧富の格差拡大の原因の一つである。

3.石油文明によって食糧の長距離・高速・大量輸送が可能となり、自給自足体制が崩壊した。



<補足・感想等>

第一部の終章9頁は是非読んで頂きたいと思います。

この本では中国が、2000年に向けて“肉食倍増計画”をしていることが書かれています。
具体的には豚肉生産量を3000万トン、これに必要な飼料作物はおよそ1億5000万トンとなっていました。

以前ブログで【CHINA STUDY】を紹介しましたが、かなりの変化ですね。 
先進国の歴史を見ると、穀物の生産によって飢餓を回避できるようになるとその先には必ず肉食が出てきます。そして一度、肉食を始めるともとの食事体系には戻れない。

だから【CHINA STUDY】は二度とできない疫学調査として価値があります。先進国には宗教上の理由などで肉食をしない“特殊な集団”しか存在しないため、動物性たんぱく質摂取が少なくかつバイアスのない研究ができないのです!!!


アメリカのとある報告によると、2013年、世界全体で推定1億700万トンの豚肉が消費されたうちの半分を消費したのが中国だそうです。
これを見る限り、肉食倍増計画は予定どおり達成されたということでしょう。


この本には、「穀物を輸出できるほど多くつくれる国は、世界中でたった5カ国しかない」とあります。
現在だと、アメリカ・カナダ・オーストラリア・フランスにウクライナ・中国・ロシア・インド?辺りでしょうか。

日本も米以外の大部分は輸入に頼っています。飼料はほぼ輸入ですね。石油文明が終わったら現在の畜産は成り立たなくなります。ですからTPPによる各国が食糧を分ける分業型よりも自国で生産する独立型のほうがこのような危機には遥かに強いことは容易にわかります。他にも、天候等による自然災害は年々増えていると思います。

どうなることやら・・・(^_^;)

途上国の伝統式農法では人口増加に食糧が追い付かないため不足する食糧を輸入することになります。しかし穀物が肉食による飼料の需要によって価格高騰すると、途上国では買えなくなります。こうして貧富の差が広がっていくことになります。 

現在は貧富の国家間差だけではなく国内差も増え、これまでの貧困と飢餓から、【肥満・貧困・飢餓】の3つのワードが複雑に絡まった状況になってきたと感じます。

どうなることやら・・・(-_-;)



豚と肉食を通して、世界の流れを見るというこの本の着眼点は大変面白く、そして深刻な問題を露呈させてくれたと感じます。是非、一読して下さい。


<キーワード>
肉食 飼料 輸入

<関連文献>
『貧困と飢饉』(岩波書店) 『肥満と飢餓――世界フード・ビジネスの不幸のシステム』(作品社) 『ぼくらはそれでも肉を食う―人と動物の奇妙な関係』(柏書房)


梅山豚
これは本の裏に載っていた「梅山豚」という中国の豚です。






役に立ちましたらお願いします。
スポンサーサイト

『人間は何を食べてきたか―「食」のルーツ5万キロの旅』②

続きです。


Ⅲ 一粒の麦の華麗な変身・パン
  舞台はアルプスの山々に囲まれた谷沿いの村、オーストリア、マリア・ルツカウ村です。

・北ヨーロッパやアルプスの村では、パンといえばライ麦のパンが普通。

・この土地で小麦の栽培は不安定

・ライ麦パンは直径が25cmもある丸い鏡餅のようなパン。白いふかふかのパンではない。

・子どもは麦の落ち穂を拾い、母はそれで作ったパンをおやつに渡す。
 (cf.ミレーの落ち穂拾い)

・パン以前の麦食文化は大麦だった。

・人類史上、もっとも古い麦の加工法は炒り麦と粥

・パンを焼く竃は大きく2種類ある。タテ形[壺型](タヌール、タンドール)とヨコ形。

・タテ形だと平たいパン(ナン)が、ヨコ形だと中がふっくらしたパンができる。

・パンの表面に十字の印をつけるのは、中世以来の魔除けの風習。

・1つ1.5㌔のパンを一家四人で一日一個食べる。

・修道院によってパン焼きの技術が広がった。

・パン食の歴史は製粉技術発達の歴史でもある。

・アルプスの雪解け水が水車を動かし、パンのための粉を挽いてきた。



Ⅳ 一滴の血も生かす・肉
  舞台は西ドイツ、シュヴァインフルト

・ヴルスト(ドイツ語でソーセージ)の名前を子どもは30種類くらい言える。

・畑と家畜を組み合わせた、混合農業をしている。

・夕食はカルトエッセン(火を使わない、冷たい食事)

・ドイツ人の年間肉消費量は一人当たり、80~90㌔

・肉を食べるということは、その部分の持ち味を加工や調理で生かしながら、すべての肉を食べつくすということ。

・ユダヤ教徒の方は、カシュルート(ユダヤ教の食事に関する戒律)に、「子山羊を、その母の乳で煮てはならない」とあるため、肉と乳製品は一緒に食べない。

・ヨーロッパの人々は、屠畜の現実と真正面から向かい合ってきた。

・ヨーロッパで肉は、厳しい風土がもたらした、人間が生きるためのぎりぎりの食べもの。



Ⅴ 大いなるアジアの恵み・米
  舞台はタイ北部の山岳地帯に住む「アカ族の村(パクエ村)」

・村の入り口、家の造り、様々なモノが日本に似ていた。

・アカ族は米を蒸して食べる。

・一人当たり、一日約1kgの米を食べている。

・もみ殻は鍋や食器洗いに使い、その後、乾燥させて燃やし、畑に還元する。糠は家畜の餌にする。

・食事は米と大豆と野菜。
 副菜はサトイモを茹でてつぶし塩で味付けしたもの、菜の花の葉や茎の漬物、キャベツ・インゲン豆の生野菜など

・稲刈りの忙しい時期は協力して助け合う。日本の「結」に似てる。
 (アンデスのジャガイモ収穫も同じ)

・畑は何か所にも分け、栽培時期もずらす。

・稲作儀式には「赤米(Hogno-na)」を使う。これは強く痩せた土地でも良く育つ。

・2300年前日本に伝来した米も「赤米」だったかもしれない。

・種モミを厳しく制限することが、何千年もの焼畑を可能にした。

・畑は5年目からは休耕にする。これも持続可能な焼畑の工夫。

・飢饉で米が不足した時、シマーパの実(しめなわにつける橙のようなもの)を食べた。

・豚はごちそう。餅は神聖な食べ物。

・食器の換わりにバナナの葉をよく使う。

・メナム・デルタには「浮き稲」と呼ばれる生命力の高いイネがある。


_________________________________


“食べものとは、自然の恵みと人間の努力が一体となって生み出した賜物である”




いつか続編も読んでみたいと思いました。






<キーワード>
風土 環境 伝統 文化

<関連文献>
『肉食の思想―ヨーロッパ精神の再発見』(中央公論新社) 『極限の民族』(朝日新聞社) 『稲作以前』(洋泉社)


              今回の内容は1~2巻までとなります。



役に立ちましたらお願いします。

『人間は何を食べてきたか―「食」のルーツ5万キロの旅』

No.122
著者 NHK取材班


2014年1月2日に読みました。
この本は1985年5月に出版されました。NHK教育テレビスペシャル『人間は何を食べてきたか』が好評だったことから、この番組の取材記をまとめたということです。
NHK教育テレビスペシャルの方は、人間が有史以来今まで「何をどのように食べてきたか」を世界各地の風土と食生活の中に探り、食べものがいかに民族の精神を形成し、文明の質を規定してきたかを、興味深く、新鮮な角度から明らかにしようとするものだったといいます
今回取り上げる本には、5つの村と5つの食べものが登場します。そして、この本(TV)には続きがあります。本は3冊、DVDは6巻です。


大変勉強になりました。そして改めて、その土地での食事の独自性を感じました。
また栄養学にある「バランス論」について、本当にこれでいいのかということを教えてくれます。
何故なら、どの村も、“バランスよく”というよりは“ばっかり食べ”だからです。


順に学んだことを書いていきます。


I アンデスの贈りもの・ジャガイモ

・アンデスは、ジャガイモ・トウガラシ・カボチャ・ピーマン・豆類・トマトの原産地。もしかしたらトウモロコシも。

・赤、黒、肌色と色・形様々なジャガイモがアンデスには数千種類あると言われている。
 凶作を防ぐ意味もある。
・トウモロコシも赤、黄、紫、黒、白と何種類もある。

・ラドリージョ(トウモロコシの菓子)貴重な卵・バターを使う。

・竃の燃料は乾燥させた家畜の糞

・インディオの主食は“パパワイコ”と呼ばれる蒸したジャガイモ。
 パパワイコには“チューニョ”という凍結乾燥ジャガイモを使う。

・アンデスは「垂直統御」(標高差を利用した農業)をしている。千~二千はサツマイモ・トウガラシ、二千~三千はトウモロコシや豆類のタルウイ、三千~はジャガイモと他のイモ類(オユコ、オカ)。
 

・インカ→スペイン→ヨーロッパ→ジャワ→日本・・・ジャガイモの伝播にはいつも戦争と飢えがあった。

・アンデスの大地には農耕の神【パチャママ】が宿っている。

・高山病の症状緩和としてコカの葉が使われている。



Ⅱ 遊牧民の遺産・乳製品
  舞台はヨルダンの砂漠の民ベドウィンです。

・ダンゴ状のチーズ“ジャミード”10年はもつという。岩塩を入れてあるので大変しょっぱい。

・(イスラム教が禁酒の為か?)コーヒーをたくさん飲む。

・中華鍋を裏返したような“サージパン”と呼ばれる鉄板でパンを焼く
 燃料は家畜の乾燥させた糞

・羊の乳を自然発酵させてチーズを作る。乳酸菌にとって最適温度の環境の為、発酵剤やレンネットはいらない。

・“マンサフ”というおもてなし肉料理がある。皿の真ん中に羊の頭を乗せる。

・ラクダの乳では乳製品を作らない。脂肪分や蛋白質が少ないため。 (→ヒトの乳で作るのも同様に難しいのでは???)


___________________________________

長いので2回に分けます。



ここでの共通項として、植物が十分育たない地域には家畜がいる。糞→燃料、肉・乳→食糧となる。
日本は植物が十分育つのでこのような家畜文化は育たなかったと考えることができるのではないでしょうか。






<キーワード>
風土 環境 伝統 文化

<関連文献>
『ジャガイモ―その人とのかかわり』(古今書院) 『ミルク博士の本』(地球社) 『栽培植物と農耕の起源』(岩波書店)


              今回の内容は1~2巻までとなります。



役に立ちましたらお願いします。

『二重洗脳-依存症の謎を解く』

No.108
著者 磯村 毅

2013年5月に読みました。

著者は禁煙外来の医師です。インパクトある題名とは裏腹にとても読みやすい本でした。かつ分かり易い。
テーマは【依存】です。
依存と言われると何を思い浮かべるでしょうか?本文で中心的に挙げられているのは、タバコ・酒・薬物・セックス・ギャンブル・ゲームです。人間の趣味も快楽も多様ですから依存はこの他にも沢山あると思います。ただこれらは、ドーパミン神経の反応低下が証明されているようです。詳しくは後ほど~♪


<著者の主張>

1.依存はドーパミン神経反応低下による悪循環によって生じる。

2.依存脱却の大敵は「わかったつもり」

3.人間には誰にも癒してもらえない不安や寂しさがついてまわるのを自覚しよう!



<感想・解説等>


まず、依存は「依存物質」「依存行動」に分けることができます。前者がタバコや薬物、後者がセックスやギャンブルです。薬物を挙げて1.の補足をしますね。

P28 依存性薬物には、幸せや安らぎを感じる時に働く神経(ドーパミンなど)を、強制的に刺激する力があります。これによって、人は憩いや安らぎを感じるのです。

しかし、強制的に刺激することによる代償として「代償性感受性低下」という現象が起こります。
これによって、①より強い刺激でないとドーパミンが出なくなり、量や頻度が増えます。また②自然に出ていたドーパミンも出にくくなるので、普段感じていた癒しや安らぎも感じられなく可能性もあるということです。(②は科学的には証明されていないため著者の持論。通称“失楽園仮説”)

こうして依存が形成されていくようです。著者の仮説に基づくと、薬物使うと快楽ではなく、普段が色褪せてしまっているので薬物を使ってようやく他の人の普通になれるということになります。

これは他の依存にも言えることなので、そーゆー人を見る時は、「気持ち良さそうだなぁ」ではなく、「かわいそうだなぁ」となります。これには私もビックリしました!!


2.は依存を甘く見るなということです。そもそも簡単に抜けられるなら苦労している人はいないはずです。しかし現実は・・・ですね。

著者いわく、体の依存はタバコなら3日、薬物で長くても2週間あれば、抜けてしまうということです。でも「心の依存」が残っているとまた戻ってしまうといいます。この心の依存を断つためには【気づき】が必要だということでした。上記の依存状態に対する理解もその1つです。

甘く見るなということは、久々の1回も初めての1回も同じですね。 “君子危うきに近寄らず” この格言を大切にしましょう。


3.は依存とは無縁な方にも是非しっていてもらいたいことです。

人間は、空間的・時間的に自分を第三者の視点から客観的に眺める力(=メタ認知)を持っています。だから故に3.のような悩みが生じてしまうようです。

このことは私にとって目から鱗の話でした。渦中にいたときに知りたかったですね(苦笑)
古来、この悩みを癒してきたのはおそらく神でしょう。だからカルト宗教の勧誘はこの悩みを巧みに扱っていると思います。自己防衛や自己理解に役立てて下さい!



脳科学から、心理・宗教と幅広く人間理解を促してくれる本でした♪♪




<キーワード>
依存 ドーパミン メタ認知

<関連文献>
『危ない薬』(データハウス) 『遺伝子が明かす脳と心のからくり』(羊土社) 『洗脳 ~スピリチュアルの妄言と精神防衛テクニック~』(三才ブックス)






役に立ちましたらお願いします。



『肉食の思想 -ヨーロッパ精神の再発見- 』

No.98
著者 鯖田豊之


2012年10月上旬に読みました。読んだ2年前に著者の『肉食文化と米食文化』という本を【読みたい本リスト】に入れ、(そのままです(-_-;))今回こちらの本で著者と再開しました。


~はしがき~にこう書いてあります。
 ヨーロッパ史やアメリカ史を日本人の立場で書いたものが、ほとんどない。そこで食生活の違いが「日本の尺度」になると考え、ここから思想的根底をさぐることにした。

この着眼点が凄いと思いました!もし別のことを「日本の尺度」としたらここまでの説明にはならなかったと思います。さて、勘の鋭い方は2つのことに気付いたでしょう。

①日本人との食生活の違いは“肉食をするか否か”ということ。
②食生活が思想的根底まで影響するということ。



では、いつも通りいきますね♪



<著者の主張>

1.高い肉食率が人間中心主義を形成した。

2.さらに動物と人間や社会を横割りする断絶論理を形成した。

3.そしてこれらの思想は肉食を補完する穀物摂取が拍車をかけた。




<感想・解説>

まずはヨーロッパ人の肉食についてです。結構笑わせて頂きました。

私たちは秋刀魚が一匹丸ごと焼かれたのを見ても別に驚きませんよね。
ヨーロッパの家庭料理ではこれが肉バージョンとなって同じように、食卓へ並ぶそうです。鶏の頭や兎の丸煮などなど。

私たちがこれを見て驚く理由の1つとして「残酷だなぁ」という想いがあると思います。
一方で動物愛護運動に日本よりも熱心ですよね。

欧米諸国の動物愛護運動は、動物を殺すこと自体はけっして残酷ではない。残酷は不必要な苦痛をあたえることである。(p76)

日本人との思想の違いが顕著な例だと思います。


農業についても1つ!
 日本農民の重労働を見て、欧米諸国の農学者はよく、日本の水田耕作は農業(agriculture)ではなくて園芸(gardening)であるとしてきした。かれらの観念によれば、犁耕(りこう)・施肥(せひ)によって耕地をととのえてから種子をまき、あとは収穫までほっておくのが農業である。 播種(はしゅ)と収穫のあいだにやたらと手間がかかるのは園芸だけである。(p57)


話を戻して、肉食と動物愛護が同居するのは根本に人間と家畜の距離が近いからであります。
そうすると、哺乳類である家畜と人間の似ている部分をどう捉えるかということが問題となってきます。

殺して食べちゃうんですからもしあいまいにしていたら大変な事件が起こっただろうと思います。


そこで、
 予想される解答は1つしかない。人間と動物のあいだにはっきりと一線を劃し(かくし)、人間をあらゆるものの上位におくことである。(p79)

となり、さらにヨーロッパ人と非ヨーロッパ人との区別や厳しい階級制度へと波及していったということです。



食生活の違いがここまで異なる価値観を生み出すのですから、個人の思考や精神に影響を及ぼすと考えるのはむしろ当然で、身体の発達にしか影響しないと考える方がよっぽど不自然だと思いました。


<キーワード>
三圃式農業 キリスト教 断絶論理

<関連文献>
『剣と十字架』(文藝春秋新社) 『菊と刀』(現代教養文庫) 『東洋の米・西洋の小麦』(東洋経済) 『風土』(岩波新書)









役に立ちましたらお願いします。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。