FC2ブログ

養生ブログ by食医の卵

元気に、健やかに、達者に生きることを応援します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『獄中記』

No.139
著者 佐藤優

2014年10月末に読みました。

ハード500頁もある分厚い本です。ただ読んでいて飽きず、むしろゆっくり内容を確認しながら読みたいという気持ちに駆られました。そのくらい内容に吸い込まれる本でした。

著者は元外交官、今は“作家”か“評論家”という肩書きで紹介されています。

今回はこの本を読んで感じたことを徒然と書いてみたいと思います。


<著者の主張>

・国策調査とは、政治事件を作り出していくものである。はじめに事件ありきではなく、特定の人物を断罪することを想定(目的と)して捜査が始まる。

・断罪は政治の節目・転換として政治を進めていくための通過儀礼である。このためある種の必然性がある。また、ゆえにターゲットは政治家、官僚、経済人であり、国民一般ではない。

・国益のためにリスクを負って仕事をした人間が国策調査の対象となり失脚させられるのであれば、誰もが自己保身に走るため、結局国益が毀損される。




<感想>

著者が逮捕されたのが2002年5月14日、保釈されたのが2003年10月8日、この本が出版されたのが2006年12月です。

著者は自分たちが国策調査のターゲットになった路線変更をこう説明しています。

小泉政権になり、
①公平分配から傾斜分配(ハイエク型自由主義モデル)へ進んだ。
②国際協調的愛国主義から自国中心的ナショナリズム(ヘーゲル型有機体モデル)へと変わっていった。


著者らは前者側だったということです。

私個人としては、その後、民主党政権が誕生し再び前者の方へベクトルが傾いた。しかし再び後者へと戻っていったと解釈すると現状がしっくりきます。

そして本に書かれているとおり、国内の経済格差は広がっています。
興味深いのは、「ハイエク型自由主義モデルとヘーゲル型有機体モデルは本来両立しえない」ため、どう結末を辿るのか
ということです。

このような書き方をすると、自国の自分にも関わることなのに随分と第三者的な視点だと感じる方もおられるかもしれません。

ただこれもこの本からの学びであります。
P167 知識人というのは、自己の利害関係がどのようなものであるかを認識した上で、・・・自己の置かれた状況をできるだけ突き放してみることのできる人間だと考えています。

知識人としてはまだまだですが、そうありたいと思います。同様に、「思考する世論」でありたいと思います。


著者は獄中で約250冊の本を読んだといいます。こうして法廷に備えるとともに上記の国策調査についての考えをまとめたわけですが、紹介されていた著者の中で私が一番興味を持ったのは、ハーバーマスですね。
いずれ私自身も勉強したいと思いました。


最後に、私は佐藤氏の本を今回初めて読んだわけですが、一気に佐藤氏の魅力に引き込まれてしまいました。なんといってもその知識の量に感銘を受けました。ただ、最も魅力を感じるのはそこではなく、職業人としての姿勢(P500辺り)と基本的メンタリティーが宗教人(P432)という点だと思います。

私も自分の基本的メンタリティーは、管理栄養士、科学者、研究者、よりも宗教人、哲学者の方が近い気がします(笑)



<キーワード>
国策調査 断罪 政治

<関連文献>
『認識と関心』(未来社) 『コミュニケイション的行為の理論』(未来社) 『精神現象学(上)(下)』(平凡社) 



(※文庫本では無くハードカバーを読んだため、この記事の頁はそちらのものとなります。)


役に立ちましたらお願いします。

スポンサーサイト

『学校は地域に何ができるか』

No.137
著者 渋谷忠男


2014年9月上旬に読みました。1988年に出版された本です。

昔の学校の様子がわかりました。
私は市町村立の学校に所属していないのでわからないのですが、小中学校、特に小学校では地域との連携が大切だということはよくわかります。同じ学校でもこのようなことを身近に感じているのとそうでないのでは、仕事の捉え方が違うのだろうなぁと感じました。


<著者の主張>

1.学校教育の構想は、教職員と父母でつくっていくのがよい。

<補足&感想等>

この本は、「自治とは何か」ということを考えさせてくれると思います。

自治という言葉は現在の日本で生活していると、あまり馴染みが無いかもしれません。
紛争や侵略などがあると「○○自治区」という言葉を耳にします。
平和な日本でも、公務員だと「地方自治体」という言葉を耳にします。

地域の繋がりが強い方が自治と馴染みがあるでしょう。
その意味で、高度経済成長によって人間関係が希薄になった時代から成熟社会・人口減社会へ突入すると、もう一度この自治ということにスポットが当たるような気がしています。


本の舞台は、約35年前の農村です。だから現在に当てはまらないことが沢山あります。しかし、上記のような観点に立つと、今後のありかたを考える上で役に立つような気がしました。
また、教育の本質にも触れることができたと感じました。


以下、感じたことをダラダラ書いていきます(笑)

まず、「違うなぁ」と感じたことは、環境ですね。登場する保護者の仕事は、専業農家から兼業農家へという感じでした。このため教師と保護者に学歴の差があります。この時代、モンスターペアレンツなんて想像もしなかったのではないでしょうか。そして、これと関係しますが経済力です。この辺りの話は、現在の学校が抱えている問題とは遠いかなぁと思いました。

一方、現在の学校にも当てはまる、つまり昔から変わっていないんだなぁと感じることもありました。
こちらは【領域主義】です。

私の仕事を例に挙げると、何十年も前から学校栄養士をしている人は、「給食に関すること“だけ”」が自分の仕事だと思っています。
しかし、今の学校栄養士の仕事は違います。経済・社会・家庭環境が変わり、食に関する教育の必要性が生じてきたことにより栄養教諭制度ができました。
こうして学校栄養士の仕事には、【食に関する指導】が加わりました。さらに言うと、食教育の必要性は健康問題が起因として浮かび上がってきたのですから【健康教育】を求められています。

にも関わらず、自分の職種は学校栄養職員であって「栄養教諭」ではないから食に関する教育はしないとか、健康教育は養護教諭の仕事だから関係ないとか言う人がいたりします・・(^_^;) また、養護教諭側にも体重などは「個人情報に当たるので学校栄養職員には教えられない」と言う人がいます・・(;一_一)

木を見て森を見ずという領域主義は、公務員の悪い点だと感じます。

もう1つは【消極思考】です。
これは、公務員の立場が危険回避・安全第一ですから、ある程度は仕方のないことだとは思います。しかし、これを内部の人間が意識していないと、どんどんそちらの方向へ進んでいきます。
本文には、安全教育の考え方を消極から積極へと変えていく(P113)とありました。

分かり易い例を挙げると、
消極的は、自転車事故発生→自転車登校禁止 (乗らなければ事故が起こらない)
積極的は、自転車事故発生→正しい運転ルールを身につけさせる (ルールと技術を高め事故を防ぐ)

消極的は、事無かれ主義とも仲がイイです。無くしてしまえば問題は起こらない。公務員は税金を扱っているので批判されやすい環境にあります。このため批判されるネタを嫌います。だから何か新しいことをやって問題を起こすくらいなら、なにもやらないで問題を起さない方がいいという思考になりがちです。
これも悪い点ですね。。


長くなりましたのでこの辺で終わりにします。

物事の本質を見据え、これの達成のために必要であれば自分の職域の領域を超え、失敗に恐れず挑戦する!

このような姿であり続けたいと思います。


<キーワード>
自治 PTA 教育 

<関連文献>
『学校って何だろう―教育の社会学入門』(筑摩書房) 『教育の職業的意義―若者、学校、社会をつなぐ』(筑摩書房) 『「つながり格差」が学力格差を生む』(亜紀書房)






役に立ちましたらお願いします。

『海馬-脳は疲れない』

No.115
著者 池谷 裕二・糸井 重里

2002年に出版された本です。御存知の方も多いのではないでしょうか?
私は2009年5月頃に初めて読みました。とても読みやすく面白かったという印象を持ちました。
その後、いくつか脳関係の本を読んでいくうちに、いつかもう一度読みたいと思うようになりました。

そして2013年10月に読み、この本の内容を一段と深く理解できました。
本文を引用するならば、「つながりの再構築と新たな関係性を築いた」という感じであります(笑)

人間理解の為に脳について知ることはとても重要です。
とにかく非常に読みやすいので、脳科学理解の一歩目の本としてオススメします。



<著者らの主張>


・ストッパーを外すと成長できる

・やりすぎが天才をつくる

・言ってしまったことが未来を決める



<感想・補足等>

私はこの本を読んで、脳というものに対するイメージが変わりました。
また、成功哲学などで語られていることが結構科学的に証明されているのだなぁと感じました。

まずは、簡単に脳について説明します。

脳の働きには、「結び付けて新しい情報を作っていく」というものがあります。上記でも述べた【つながり】が鍵となります。

脳がこのつながりの思考錯誤を行なっている時は、人が眠って夢を見ている時となります。だからずっと眠らないとこの作業ができません。すると起きている時に幻覚を見せてでも強制的に作業をするようです。そのくらい大切なことなのですね。

【つながり】というのは言葉の通り神経細胞の繋がり方です。この繋がり方がヒトと他の動物との違いのようです。何故なら、神経細胞自体ではさほど差が見られないからです。

そしてこの繋がりを発見する能力は30歳以降から非常に伸びてくるそうです!

さらに脳の繋がりはべき乗で増えていくとのこと。従って最初は目に見えた成長がなくても「やり続けていけば必ず伸びる」ということを示唆しています。

これが2.と関係していますね。

私はこの部分を知った時、成功哲学の「やれば必ずできる!!」を感じました。才能なんか関係ないと言われたようでとても嬉しくなりました。


1.と3.も非常に成功哲学っぽいですよね。

3.は、「思考は現実化する」「鏡の法則」とほぼ同義だと思います。

そして1.も潜在意識の使い方と非常に似ています。

本文にも登場しますが、人間は脳のほとんどを使いこなせていない。(2%ほどしか使用していない)だから未知に可能性を誰もが平等に秘めているということになります。自分で制限をつくって可能性を閉じ込めてしまうのはもったいないですね。



最後に、この本の副題は“脳は疲れない”となっています。疲れるのは“”だそうです。
だからちょっと休憩ではなく、徹底的に考え抜いてブレイクしましょう!



<キーワード>
つながり 海馬 可塑性

<関連文献>
『進化しすぎた脳』(朝日出版社) 『いい「口ぐせ」はいい人生をつくる』(大和出版) 『思考は現実化する』(きこ書房)













役に立ちましたらお願いします。


『学力は家庭で伸びる-今すぐ親ができること41-』

No.111
著者 陰山英男

2013年6月に読みました。

著者は教師です。この記事を書いた当時は副校長をされていました。
現在は、大学の教授だったような・・・「陰山メソッド」としてこの世界では有名な方みたいです。
この本は題名からもお分かりになるかと思いますが、教育関係の本です。著者が学力向上の為に取り組んで来られた中からピックアップしたのでしょう。
私は教育にはとても関心があります。国にはもっと教育に税金を使って欲しいと思っていますし、教育こそが格差や貧困を無くす手段だと考える人間です。
この本に書かれていることは、ちょっと気をつけるだけ実行できることばかりです。私も将来は是非取り組みたいと思いました♪


<著者の主張>

1.学力の根本は生命力。

2.家庭こそが生命力の基盤を作る場。

3.子育ては子どもを良く見ることが一番大切。



<補足等>

この本は副題にあるように41個の項目に分かれて解説されてあります。

ジワジワ効いて結局「学力」が上がる16か条

毎日の生活で「会話力」がつく13か条

「自分でできる力」を育てる12か条


といった感じです。

とても読みやすいので2時間もあれば十分に読めると思います。

また、あまり書くとネタバレになってしまう気がします。

だからさらっと書くだけに留めておきますね。


1.にはとても共感しました。著者は「総合力」という表現も使ったりします。

私がかつて小学校へ実習へ行った時、そこの教頭先生が、

「宿泊学習に行き、最終日の朝食をしっかり食べられる子は大抵成績が良い子です。」

と、おっしゃっていました。

宿泊学習初日はみんな元気なのですが、だんだん遊び疲れていきます。子どもは身体に正直なので、疲れが溜まると食欲不振になるのですね。そして一番疲れが出るのが最終日の朝という訳です。

このエピソードは1.に繋がるんじゃないかなぁと思いました!


2.3.に関して1つ取り上げます。

P82 【食事の時はテレビを消す】 → 食事は家族のコミュニケーションの場だから。

2011年に“家族での食事回数(共食)が子どもの健康に影響を与えている”という論文が発表されました。

朝って忙しい家庭多いと思います。そこに栄養士が「バランスよく!!」なんて言うと尚更苦労する気がします。

親が朝ごはんを作り、子どもはその隣で食べる。会話はない…。栄養素を満たすことよりももっと大切なことがあんじゃないかということを考えさせられました。

大きな枠組みで考えられる栄養士でありたいと思います。









<キーワード>
家庭 朝食 生命力

<関連文献>
『勉強ができる子の育て方』(ディスカヴァー21) 『本当の学力をつける本―学校でできること家庭でできること 』(文藝春秋) 『勉強以前の「頭の良い子ども」をつくる基本食─脳の元気に効く食生活7ヵ条 』(講談社)












役に立ちましたらお願いします。

『心の病と低血糖症』

No.107
著者 大沢 博

2013年4月に読みました。
著者は大学教授だった方です。題名にもあります“低血糖症”についてずっと探求してきたそうです。
低血糖症は糖尿病の方がインスリン注射などによって血糖を下げ過ぎた場合に生じるものとして有名ですが、この著者が取り組んできた低血糖症はこれとは異なります。「機能性低血糖症」と呼んだ方がいいようです。

私はこの機能性低血糖症についてよく知りませんでした。ちょっと調べてみますと、正確な診断概念が確立されていないとの指摘も見つけました。
ただ、その科学的根拠の脆弱さを認めても、読む価値はあると思いました。

2011年に国はこれまでの「4大疾病」(がん・脳卒中・心筋梗塞・糖尿病)に精神疾患を加え、「5大疾病」としました。国の医療政策に精神疾患が加わった理由は患者が急増しているからです。

このことを考えると、機能性低血糖はむしろ先見の明なのかもしれませんよ。



<著者の主張>

1.低血糖症は暴力性・抑うつ・アルツハイマーと関係がある。

2.低血糖症は5時間糖負荷試験をしないとわからない。

3.米より菓子という食生活を改めよう!



<感想・解説等>

まず、低血糖症の診断についてです。
.に書きましたように5時間の糖負荷試験が必要なようです。ちなみに、糖尿病の診断では2時間で血糖値の変動を見て判断します。

西洋医学にはInternational Classification of Diseases (ICD)という国際的な病気の分類があります。こうして診断基準に該当→病名決定→治療法の選択と進んでいきます。
精神疾患だとこの診断基準の解釈に幅があったりします。
また、不定愁訴など診断基準にマッチしないものは「気のせいでは…?」ということになり、西洋医学から見放されたりします。こうして東洋医学に出番が回ってくるというのが現状かもしれません。

脱線しましたが、この分類に入っていないのではないかと思われます。ですので文中から引用すると、
P56 ①どの時点の血糖であれ、絶食時よりも20gm以上、下がること。
②どの時点であれ、50mg以下になり、症状をともなうこと。

となっていました。


.の主張は裏付けが結構しっかりしているのではと感じました。

P22 600人以上の低血糖症患者の症状リスト
 94%・・・神経過敏
 89%・・・怒りやすい
 87%・・・極度の疲労
 86%・・・無気力、震え、冷や汗、脱力発作
 77%・・・うつ

P74 『二十世紀の疫病-低血糖症』より
 高尾利数教授が研究された、白砂糖と犯罪心理について書かれているようです。

P151 『学校過労死-不登校状態の子供の身体には何が起こっているか』より
 “不登校の子供たちの糖負荷試験に異常をみとめた。”

P190 『心の病は脳の傷』より
 “統合失調症はうつ病から発病する。”

P196 アルツハイマー病と糖代謝の関連について書かれた論文をピックアップしてあります。但し、解釈の信憑性まではわかりません。

これだけ長い年月の間に様々な方が似た意見を述べているので妥当性はあるのではないかと感じました。


.は、P71にNo5の紹介とともに、米類と菓子類の購入金額推移が載っています。

「単糖の消費増とでんぷんの消費減」はとても共感できる部分でした。



<キーワード>
砂糖 低血糖症 子ども

<関連文献>
『低血糖症と精神疾患治療の手引―心身を損なう血糖やホルモンの異常等の栄養医学的治療』(イーグレープ) 『精神疾患と栄養―うつ、不安、分裂病にうちかつ』(ブレーン出版) 『砂糖病』(日貿出版)








役に立ちましたらお願いします。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。