養生ブログ by食医の卵

元気に、健やかに、達者に生きることを応援します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『小川八重子の常茶の世界』

No.135
著者 小川 誠二


2014年8月に読みました。
この本は1996年12月に出版されたものです。内容は、夫の誠二さんが、亡くなった妻八重子さんのやって来られた「お茶の活動」についてまとめたものです。ちなみにこのことは“あとがき”に書かれており、またこの本に“はじめに”等がないことから、頭から読んでいくと途中よくわからなくなります。
というのは、「私」とあるのが、八重子さんの場合と誠二さんの場合があるからです。読む時は御留意ください。


私はお茶について全くの無知でしたので初めて知ったことが数多くありました。
そして、「お茶も食べ物と同じような歩みをしてきた」ということが分かりました。このような視点を持つことができたのは収穫だと思います。
では、以下詳細に入って行きましょう。


<著者らの主張>

1.緑茶は(日)常茶ではない。

2.沢山飲んでも問題ないのは、ばん茶。

3.ばん茶は全国に沢山あり、その土地の人たちだけが飲んでいるお茶がある。



<感想・補足等>

舞台は昭和40年代後半~昭和50年代後半頃と思っていただければ良いと思います。
まず、この頃にお茶のビジネスが盛んになっていったようです。

お茶は農薬と肥料とで大量生産の商品となってしまうと、自然の恵みを楽しむ飲み物から遠い存在になってしまうのだと。
一番影響を受けるのは、「香り」だそうです。香りがなくなっていくということです。

野菜に置き換えてみても、昔の方がにおいやアクの強い野菜が多かった気がします。
品種改良によってできた「生でも食べられます」というのは、この辺りを抑えていったものではないでしょうか・・・。

こうして不味くなってしまったお茶へ著者らは疑問を持ちます。もう1つは、高価なお茶が体に合わなくなってきたことを挙げていました。高価なお茶とは玉露茶のことです。私はこのあたりの話にとても無知でしたね。
「日本人はお茶と親しんできた」という文章を読みながら、お茶と全く親しんでいない私を感じていました。

ただ、私の年代でお茶をたしなんでいるような人はほとんどいないと思います。コーヒーの方が圧倒的に多いですね。スタバ・ドトール・タリーズ等の展開を見ればわかるでしょう。それでも、紅茶が好きという人はたまに聞きます。一方、緑茶・ほうじ茶・番茶は聞きません。会話に登場しないレベルです。

お茶の飲み方も急須に葉と熱いお湯を入れて飲むではなく、ペットボトルのお茶を買って飲むの方が現代では主流になっていますね。何かの本に、子どもにとってお茶は「買うもの」であり「家で作るもの」ではなくなっている、というようなことが書かれていたのを記憶しています。

また、現在お酒の場のノンアルコールドリンクとしての地位を確立しているウーロン茶ですが、これのブームがこの頃にあったそうです。

最後に、
この本で一番御覧になって頂きたいのは、P70の対比です。
「緑色の茶と茶色の茶」を対比しています。

・緑色の茶-他所行きの茶-嗜好品-商品として作った茶-高くて不味い-近年のもの-未熟の葉から-化学肥料・農薬をふんだんに使う-啜る茶

・茶色の茶-普段着の茶-常食の茶(日常茶飯)-飲用のために作った茶-安くておいしい-何百年も前から親しんだもの-十分熟した葉で-肥料農薬ほとんど使わない-ガブガブ飲む茶

頭に入れておくと役に立つのではないでしょうか。


<キーワード>
常茶 伴茶(ばんちゃ) 飯茶(ばんちゃ) 茶色の茶

<関連文献>
「日本茶の「勘所」 あの“香気”はどこへいった?」(鉱脈社) 「緑茶のマーケティング―“茶葉ビジネス”から“リラックス・ビジネス”へ」(農山漁村文化協会) 「暮しの茶」(平凡社)





役に立ちましたらお願いします。

スポンサーサイト

『愛着障害 子ども時代を引きずる人々』

No.134
著者 岡田尊司


2014年7月上旬に読みました。著者は精神科医で作家です。

内容は題名から察しが付くと思います。これは遠い問題ではありません。 “おわりに”で著者が指摘しているように、現代社会に根付いている大きな問題です。読めば多かれ少なかれ「自分にも当てはまるかも!」と思うことでしょう。

非常に共感できた本でした(*^_^*)


<著者の主張>

1.子どもが愛着を求めるための行動としては、支配的コントロール、従属的コントロール、操作的コントロールがある。

2.成人の愛着スタイルを大別すると、安定型、回避型、不安型、恐れ・回避型に分類できる。

3.安全基地となる存在を見つけよう(になってあげよう)。



<補足&感想>

この本によると幼少期の愛着傾向を愛着パターン、成人するころまでに確立されたものを愛着スタイルと呼ぶそうです。
「愛着」という言葉で最も有名なのは、ボウルビィの愛着理論だと思います。これは3.の安全基地にも絡んできます。

「安全基地」とは子どもが発達していくために必要な「存在」なのです。未知の体験をして成長していくためには様々な行動をしていくことになります。そうすると必ず、傷ついたり失敗したりします。このときそれを癒す場所のなるのが安全基地です。
安全基地が確立されていないということは傷を癒す場所がないということですから、傷つくのを怖れるということは想像できますね。こうなるとその子どもは成長する機会を失っていくことになるのです。

子どもが愛着を求めるのは本能です。この欲求が満たされたいと1.の行動を起こすことになります。順にイメージすると、

「やだやだ、構ってくれないとやだ!」 「いい子にしてるでしょ。だから構ってよ!」 「構ってくれないと、何するかわからないけど、いいの?」

こんな感じでしょうか。


確立された愛着スタイルの方はもっと厄介です。1.のような行動をしても結局満たされることなく成長してしまったわけですから。

回避型:「また傷つくくらいなら、独りの方が気軽さ」
不安型:「私を独りにしないでぇ~」
恐れ・回避型:「どうしよう、独りも恐いよぉ、でも傷つくのも恐いよぉ…」

懲りずにこちらも作ってみました(笑)


3.が解決方法の1つです。他にも書いてありますので是非読んで下さい。
P49 カップルのどちらかが不安定型愛着を抱える確立は50%以上!さらに3人の人がいて、そのうち1人でも不安定型愛着を抱えている可能性は7割にも達する!! 
   (社会問題だと感じていただけたでしょうか?)


断乳を強制的にしていた栄養行政の歴史を重ね合わせると、いかに子どもにとって残酷だったかと感じます。→→断乳のNOを入れる。
それがない現在でも、社会復帰のために子どもを預けなくてはいけない現実があります。→→オキシトシンのNOを入れる。

経済最優先の社会を転換することが求められていると思います。


<キーワード>
愛着 安全基地 養育者

<関連文献>
『シック・マザー 心を病んだ母親とその子どもたち』(筑摩選書) 『無縁社会』(文藝春秋) 『3つの真実』(サンマーク出版)






役に立ちましたらお願いします。

『アクエリアン革命-80年代を変革する「透明の知性」-』

No.119
著者 マリリン・ファーガーソン
訳;松尾弌之 監訳:堺屋太一


2013年11月に読みました。
1981年に出版された本です。私は産まれていません(笑)
440頁にも亘る厚い本ですが、主張は序文に書いてありシンプルです。内容はこれを様々な角度から捉えた形となっています。
では、早速!!


<著者の主張>


「心の変革をなしとげた個人があちこちに生まれ、互いに知り合うことがなくとも目に見えない連帯となって拡がり、やがて世の中全体を変革していく」


<補足・感想等>

主張は1つ、これはP2に書かれています。

この本の原著は“THE AQUARIAN CONSPIRACY”です。
CONSPIRACYとは、「たくらみ・共謀・くわだてる」という意味です。
そして、その前にある、Aruarius(アクエリアス)とは、水瓶座ですね。飲み物ではありません(笑)

著者は、“闇と暴力と混沌に満ちた世界ではなしに、透き通った愛と光にあふれた世界、精神の解放”を象徴して選んだということです。

もう1つ、副題にある「透明の知性」について説明します。
この言葉は本全体で繰り返し登場する重要なキーワードです。著者は、現状の矛盾に目覚めた人々のこと、新しい考え方に目覚めた人のことを指しています。

これで全体像が見えてきたでしょうか?

「透明の知性」をもった人々がそれぞれの場所で、その活動をすることは、意識されないが大きな枠組みでみるとそれは“共謀”であり、何を目指しているかというと、愛と光にあふれた世界の実現への行動である、ということです!


私はこの本を読んで、30年も前からこのような考え方が世の中にあったことを嬉しく思いました。しかし、同時に30年経っても実現されない現実を重く受け止めました。革命の道のりは遠いことがわかります。

それでも私は、この本が主張している方向へ進んでいるように感じます。少なくとも、より物質的な世界へ幸福を求めるような方向へは進んでいない気がします。

元総理が「最少不幸社会」を挙げたことがありましたね。
先進国ではないブータンが最も幸福度の高い国とスポットライトが当てられたこともありましたね。

国内では、格差社会でも若者は現状に満足しているという本が話題になったり、ゆとり世代と非難されていた世代を「さとり世代」と捉えなおしたり、他にもいろいろあると思います。


今後はどうなるでしょうか?

本当に「革命」と呼ばれるくらいドラスティックに世界が変わるのか、それとも気付かないくらいゆっくりと移り変わり、振り返った時にあのころは過渡期だったというのが分かるのか、未来が楽しみですね。

皆さんはアクエリアンでしょうか?既に「透明な知性」へ目覚めているでしょうか?
そんなことを一度考えてみるのも面白いと思います(*^_^*)


<キーワード>
透明の知性 精神世界 右脳・左脳

<関連文献>
『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社) 『若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来』(光文社) 『内在神への道』(ナチュラルスピリット)








役に立ちましたらお願いします。

『オキシトシン―私たちのからだがつくる安らぎの物質 』

No.117
著者 シャスティン・ウヴネース・モベリ
訳者 瀬尾 智子 谷垣 暁美

2013年10月に読みました。
本の表紙に赤ちゃんが母乳を飲んでいる絵が書かれていますように、「オキシトシンは出産や育児に関わるホルモン」と私は習いました。

しかし、この本を読むとそれ以上に様々なことに関わっていることが分かりました。
副題にあるとおり、【安らぎの物質】なのです。


今回はこのオキシトシンから、人の身体と安らぎについて考えていきたいと思います。


<著者の主張>


1.我々の身体には、〈闘争か逃走か〉のシステムと〈安らぎと結びつき〉のシステムが備わっている。

2.現代社会は〈闘争か逃走か〉のシステムに偏りやすい。

3.積極的に〈安らぎと結びつき〉のシステムを活用しよう!



<補足・感想等>


1.の〈闘争か逃走か〉のシステムと〈安らぎと結びつき〉のシステムというのはこれまでに別の形で何度か紹介しています。
自律神経の交感神経と副交感神経ですね。

この本にも自律神経に絡んだ話は出てきます。私にとっては、このような対比を別の角度から観ることができるようになったことが大きな学びでした。

というのも、オキシトシンが授乳に絡んでいることもあり、自律神経系(緊張かリラックスか)には無い作用も持っているからです。

その代表が、性行動や人間関係です。自律神経系よりも他者との関わりの影響を受けるシステムと言えると思います。


性行動に関してもう少し述べると、日本人の場合、離婚は4年目が最も多いようです。

これは脳科学的に述べると、恋によるドーパミンやβエンドルフィン分泌が3年ほどで終わるからだと言われています。これらは快楽系のホルモンなので、長期的に分泌し続けるのは危険だからだと説明されています。

そして、これによって冷めてしまったように感じ、新たな刺激や新鮮さを求め浮気に走ると・・・。
ここでドーパミンの刺激・快楽を楽しむ恋愛からオキシトシンの安らぎ・癒しを楽しむ恋愛に上手くシフトできるといいという話をTVで観たことがあります。

論文ベースでもあります。→→「Being Human: Love: Neuroscience reveals all」

2.は共感できるかと思います。現代は【癒し】が求められていると感じます。


3.については、セラピストの方々へ朗報です♪

マッサージを例にすると ①揉みほぐしによる血流改善、②副交感神経活性化によるリラックス効果などの説明が従来されてきましたが、ここへ新たに③オキシトシンによる精神安定効果が加わることになるのです!!

皆さんはタッピングタッチというのを御存知でしょうか?

私は震災のケア活動としてこの存在を知りました→→「タッピングタッチ協会」

誰にでも簡単にできて効果があるということがとても印象に残っていましたのでご紹介させていただきました。

このようなことがオキシトシンによって説明できるのですね。

本文では、似たような手技のケア方法として、「タクティール・マッサージ」が紹介されておりました。

タクティール・ケア】…筋肉やツボを刺激するような他のマッサージとは異なり、主に皮膚へタッチすることで効果を生む。



肌が触れ合うことは赤ちゃんだけでなく、大人になっても大切なんだなぁと実感しました♪



<キーワード>
結びつき マッサージ 性行動

<関連文献>
『愛撫・人の心に触れる力』(NHK出版) 『スウェーデン生まれの究極の癒やし術 タクティールケア入門』(日経BP企画) 『心と体の疲れをとるタッピングタッチ 』(青春出版社)










役に立ちましたらお願いします。




テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

『アトピー治療の新しい道』

No.104
著者 江部康二

1996年に書かれた本です。著者は現在アトピー治療よりも糖質制限食で有名ですね。
過去に何度か登場しています。→→


私は園児の頃アトピーがあったのを覚えております。肘の内側などにできていたのだと思います。ただ、小学生頃からは無縁で現在に至ります。このためアトピーに対してあまりアンテナを張ってきませんでした。この本を読みこんなに苦労されている方々がおられたことに驚きました。悩んでいる方には一読をオススメします。



<著者の主張>

1.アトピーよりもリバウンドの方が深刻である。

2.ステロイドは徐々に減らして行く方が良い。

3.アトピーの原因は様々である。




<感想>

内容はリバウンド被害、ステロイド、スキンケア、除去食などとアトピーケアのHowTo本という感じです。

・リバウンド被害は先にも述べた通り惨憺たるものでした。
リバウンドは原疾患の悪化という理解が大切だとわかりました。


・ステロイド剤は免疫を勉強した時にちょっとかじった程度であまり知識がありません。著者のいう強さの分類が書いてあったので載せておきます。

最強:デルモベート、ダイアコート、ジフラール
非常に強い:マイザー、メサデルム、リンデロンDP、テクスメテン、ネリゾナユニバーサル、トプシム、ビスダーム、アドコルチン、パンデル、フルメタ
強い:ボアラ、ザルックス、リンデロンV、ベトネベート、プロパデルム、リドメックスコーワ、フルコート
穏やか:ケナコルト、レダコート、ロコルテン、ロコイド、キンダーベート、アルメタ
弱い:デクタン、ヴェリダムメドロール、プレドニゾロン、コートリル



・スキンケアについては興味深く読ませてもらいました。私はアトピーではなくニキビと共生していますので、スキンケアの大切さは重々感じております。“超酸化水”というものが紹介されておりました。


・除去食ではメンタルの関連がいろいろと示されておりました。『心の治癒力をうまく引きだす』でもありましたが、“べき思考”が治癒の妨げになるのでしたね。
    自分の色眼鏡、物の見方ですべてを見てしまうことを心理学の用語では「エスノセントリズム」という(p130)。
心理用語では無い気がします…が、視野を狭めることはストレスを溜めることに繋がるのは確かでしょう。

     ストレスがたまると一番弱いところに症状を出して知らせようとする。これを標的臓器という(p139)。
呼び名はどうあれ、これを知っておくことは自分の体調管理にとても役立つと思います。一病息災ですね。

P161に興味深い症例が載っておりました。
中学1年生。初診時のRASTはIgEが880IU/ml、個別アレルゲンは全て正常値だったのが、3ヶ月後にはIgEが7100IU/ml、卵白、大豆、小麦、米が+4と強陽性になったといいます。食物アレルギーも状態に左右されることを示していますね。

91年同愛記念病院・小児科の馬場実氏らの報告では、食物アレルギーと診断されて、除去食を指示された小児108例を入院させて、詳細な検討を行った。結果、真に食物アレルギーであった症例は、16例(15%)だった(p169)





アトピーは死に至る病ではないけれど、生活習慣病にも劣らず厄介な現代病だということが良く分かりました。







<キーワード>
ステロイド 除去食 ストレス

<関連文献>
『家庭でできる断食健康法』(創元社) 『人はなぜ治るのか』(日本教文社) 『食と健康を地理からみると』(農文協) 『スポーツの栄養、食事学』(同文書院)









役に立ちましたらお願いします。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。