FC2ブログ

養生ブログ by食医の卵

元気に、健やかに、達者に生きることを応援します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フードインク

あけましておめでとうございます。
時間があれば借りてみてください。

監督:ロバート・ケナー

2013年11月に観ました。今まで紹介した映画の中では一番重いかなぁと思います。→→“ホームページ”

この映画もキング・コーンのようにスーパーから食べ物のルーツを辿っています。ただ、異なるのは食べ物ではなく食品業界にスポットを当てているという所でしょうか?
だから「キング・コーン」や「いのちの食べ方」に出てきたような内容も登場します。

また、『ファストフードが世界を食いつくす』の著者エリック・シュローサー氏が直接出てきて話してくれますし、『ヘルシーな加工食品はかなりヤバい』の著者マイケル・ポーラン氏も登場します。

これらのことから、これまでの復習として観るのもイイと思います♪



<監督のメッセージ>

・個人の消費が企業を変える!


<感想等>

これはNo.89とおなじですね。

私たち消費者は単にモノを買っている(消費している)だけではありません。購買という行為を通して自分たちが必要なモノを企業に伝えています。

企業はビジネスをしている訳ですから、顧客が望むものを提供しようとします。だから皆がオーガニックを買えばそのようなものを売る(作る・作らせる)ようになるでしょう。ファストフードならば買わなくても済みますが、食糧品は買わないわけにはいかない方が多いと思います。これからは、企業に手紙を書いているつもりで買いましょうね(^.^)
そして我々が求めれば食品表示だって変わっていくでしょう。このように少しずつではあるが世の中を変えていくことができるということを監督らは伝えたかったのだと思います。


日本はここまで酷くはないと思います。しかし、生産者と消費者の距離が隔てられているのはあまり変わりません。学ぶことは多いですね。


内容に少々触れます。

21分頃…アメリカ人は年間90キロの肉を食べる。
現在の日本人の米消費量より多いですね!!

30分頃…O-157訴訟の話が出てきます。他でもO-157は食品工業システムによって生まれたという話が出てきます。

38分頃…1ドルメニューの話。国の助成金によってダブルチーズバーガーは99セント、ブロッコリーは1.29ドルという映像が流れます。最後にもチップスより人参が儲かるようにしなければ!!という話がありました。

食べ物の設計は人類の進化に関わるという話はとても印象に残りました。

67分頃…作物の種の特許の話が出てきます。日本でもF1(雑種第一代)の問題が農業にあります。これは生命に大きく関わる問題だと感じています。


You can change the world with every BITE!!

この合言葉気に入りました♪









役に立ちましたらお願いします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://newtrition.blog49.fc2.com/tb.php/130-5679ee2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。