FC2ブログ

養生ブログ by食医の卵

元気に、健やかに、達者に生きることを応援します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『食生活と文明―現代食とその欠陥』

No.129
著者 シーラ・クロフォード
訳者 山口 彦之 大沼 浩


2014年3月末に読みました。
この本は1976年に出版されました。著者は研究者であり、脂質の栄養・脳の発達がテーマだったようです。そのためでしょう、脂質摂取の必要性について説かれております。しかし、本文の中で登場するいくつかの民族の調査へは直接訪れたようです。基礎研究もフィールドワークもしていたのかはわかりませんが、そうだとすると凄いですね!

副題にある、「現代食とその欠陥」は現在にも通じます。
世界中を俯瞰しかつ歴史を知ると、現代食がどのような位置にあり、そしてどの方向に進んでいるのかが分かってくるのだと思います。
これまで読んだ本では登場してこなかった民族が載っていたので興味深く読むことができました。


<著者の主張>

1.現代は経済成長主義と生物学的生産性がズレテいる。

2.身体に必要な脂質(ポリ不飽和脂肪)は加工と精製で除かれてしまっている。

3.ヒトの退化は少しずつ進んでいる。



<感想&補足>

読み終えて、「新しい発見があった!!」というような心境にはなりませんでした。これまで読んできた本の知識に加わるというものでした。発見でなはく、確認が中心だったということです。

読み始めてまず気になったのは、この当時の人口が36億人だったということです。現在の約半分ですね。ウィキペディアには今世紀末に100億人を超えると書いてありました。→→“人口爆発”

1.の説明はいらないと思います。現代社会は経済成長第一で物事が決まっていきます。この当時は地球温暖化も使用済み核燃料も問題視されておりませんでした。現代は誰もが問題視しておきながら、対策は後回しですね・・・絶滅危惧種もどんどん増え、生物多様性は失われていっております。生物学的生産性が追い付いていないというより一部回復不能と言った方が適切ですね。

人口増加と食糧確保はこれまでも検討されてきました。しかし、量的な過不足のみ論じられ、質的な過不足は論じられてこなかったと著者は言います。そして、身体に必要であるが、不安定な不飽和脂肪酸(本文では脂肪となっております。脂肪酸という概念が無かったのか?)は不安定なため除かれるばかりで、強化されることはなかったといいます。

米を研ぐ理由は、糠を落とすためですよね。分搗き米で保存されないのは、糠が酸化して美味しくないからです。加工と精製ではまず、このように不安定なモノは除かれます。
また、長期保存のために除かれるものは、微生物が好むものということもできます。何故微生物が好むのか?それは生きていくのに役立つからでしょう。大事なことは微生物が生きていく上で役に立つものは、ヒトにとっても役に立つという考え方ができるかどうかということです。だから長期保存できる状態というのは微生物が食べようとしない(栄養価の低い)ものと考えることができます。

過度に精製されたものはこのようなモノだと理解しましょう。

そして、このようなものが家畜の餌になっていきます。こうしてエンプティカロリーの食べもので育てられた家畜は肥満(不健康体)になり、それをヒトが食べています。
霜降り肉、フォアグラが美味しく高価であるという社会は、不健康な社会だったといつか気づく時がくるでしょう!





<キーワード>
民族 脂肪 文明

<関連文献>
『文化人類学入門』(中央公論社) 『食生活と身体の退化―先住民の伝統食と近代食その身体への驚くべき影響』(恒志会) 『食卓の向こう側〈5〉脳、そして心』(西日本新聞社)







役に立ちましたらお願いします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://newtrition.blog49.fc2.com/tb.php/159-134c995a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。