FC2ブログ

養生ブログ by食医の卵

元気に、健やかに、達者に生きることを応援します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『小川八重子の常茶の世界』

No.135
著者 小川 誠二


2014年8月に読みました。
この本は1996年12月に出版されたものです。内容は、夫の誠二さんが、亡くなった妻八重子さんのやって来られた「お茶の活動」についてまとめたものです。ちなみにこのことは“あとがき”に書かれており、またこの本に“はじめに”等がないことから、頭から読んでいくと途中よくわからなくなります。
というのは、「私」とあるのが、八重子さんの場合と誠二さんの場合があるからです。読む時は御留意ください。


私はお茶について全くの無知でしたので初めて知ったことが数多くありました。
そして、「お茶も食べ物と同じような歩みをしてきた」ということが分かりました。このような視点を持つことができたのは収穫だと思います。
では、以下詳細に入って行きましょう。


<著者らの主張>

1.緑茶は(日)常茶ではない。

2.沢山飲んでも問題ないのは、ばん茶。

3.ばん茶は全国に沢山あり、その土地の人たちだけが飲んでいるお茶がある。



<感想・補足等>

舞台は昭和40年代後半~昭和50年代後半頃と思っていただければ良いと思います。
まず、この頃にお茶のビジネスが盛んになっていったようです。

お茶は農薬と肥料とで大量生産の商品となってしまうと、自然の恵みを楽しむ飲み物から遠い存在になってしまうのだと。
一番影響を受けるのは、「香り」だそうです。香りがなくなっていくということです。

野菜に置き換えてみても、昔の方がにおいやアクの強い野菜が多かった気がします。
品種改良によってできた「生でも食べられます」というのは、この辺りを抑えていったものではないでしょうか・・・。

こうして不味くなってしまったお茶へ著者らは疑問を持ちます。もう1つは、高価なお茶が体に合わなくなってきたことを挙げていました。高価なお茶とは玉露茶のことです。私はこのあたりの話にとても無知でしたね。
「日本人はお茶と親しんできた」という文章を読みながら、お茶と全く親しんでいない私を感じていました。

ただ、私の年代でお茶をたしなんでいるような人はほとんどいないと思います。コーヒーの方が圧倒的に多いですね。スタバ・ドトール・タリーズ等の展開を見ればわかるでしょう。それでも、紅茶が好きという人はたまに聞きます。一方、緑茶・ほうじ茶・番茶は聞きません。会話に登場しないレベルです。

お茶の飲み方も急須に葉と熱いお湯を入れて飲むではなく、ペットボトルのお茶を買って飲むの方が現代では主流になっていますね。何かの本に、子どもにとってお茶は「買うもの」であり「家で作るもの」ではなくなっている、というようなことが書かれていたのを記憶しています。

また、現在お酒の場のノンアルコールドリンクとしての地位を確立しているウーロン茶ですが、これのブームがこの頃にあったそうです。

最後に、
この本で一番御覧になって頂きたいのは、P70の対比です。
「緑色の茶と茶色の茶」を対比しています。

・緑色の茶-他所行きの茶-嗜好品-商品として作った茶-高くて不味い-近年のもの-未熟の葉から-化学肥料・農薬をふんだんに使う-啜る茶

・茶色の茶-普段着の茶-常食の茶(日常茶飯)-飲用のために作った茶-安くておいしい-何百年も前から親しんだもの-十分熟した葉で-肥料農薬ほとんど使わない-ガブガブ飲む茶

頭に入れておくと役に立つのではないでしょうか。


<キーワード>
常茶 伴茶(ばんちゃ) 飯茶(ばんちゃ) 茶色の茶

<関連文献>
「日本茶の「勘所」 あの“香気”はどこへいった?」(鉱脈社) 「緑茶のマーケティング―“茶葉ビジネス”から“リラックス・ビジネス”へ」(農山漁村文化協会) 「暮しの茶」(平凡社)





役に立ちましたらお願いします。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://newtrition.blog49.fc2.com/tb.php/180-c2505d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。