養生ブログ by食医の卵

元気に、健やかに、達者に生きることを応援します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ターニングポイント』

No.136
著者 フリッチョフ・カプラ
訳者 吉福伸逸 田中三彦 上野圭一 菅靖彦


2014年8月に読みました。著者は物理学者です。これは1984年に翻訳されて日本に出回った本です。1995年に新版が出ていますが原作を読みました。
原作は741ページ、新作は330ページ、読み終えるのに苦労しました。


情報量も大変多いのですが、1回でまとめます。


<著者の主張>

1.これまでの時代は、デカルト的世界観とニュートン力学を基盤としてきた。

2.しかし、科学・経済・医療など様々な分野でこれでは対処できない問題が生じている。

3.相対性理論・量子論に対応する新しい世界観が必要である。

4.これからは3.に移り変わる「ターニングポイント」の期間である。



<解説&感想等>

参考文献として、これまで紹介した本が載っていました。これらの本を私は既に読んでいたので、量の割には苦労せずに読めましたね。12章構成で4つに大別されております。後ろ4つの章が今後に対する著者の考えの部分ですね。

原著が出版されてから30年以上経っているので、時代遅れと感じる部分もありました。一方、30年経っても中々進んでいないなぁと感じた部分もありました。

進んだ部分はまず、【医療】だと感じています。日本でもアメリカでも代替医療や東洋医学はかなり認知されていると思います。また、ヨガや太極拳、ピラティスなど身体に働きかける活動も盛んになっている気がします。

ただこれは、医学・生物学が物理学同様に新たな世界観を確立して広がって行ったのではなく、“癒し”が時代に求められており、そこにビジネスが上手く入り込んだのだと思います。
だから、根本の所が変わっていないため、ドラスティックな変化はまだ先になると思います。
P192に、 「25年以内に新しい生物学の概念的基盤が必要」
とありましたが、叶わなかったと感じています。しかしながら、この時代にはまだ未知であった、DNAの解析を終え、幹細胞の発見、そして再生医療へという流れは相当な進展だど思います。

だからこそ、余計に現実世界と科学技術の乖離が進んでしまったことによる弊害が表れている気もします。難しいですね。


健康に関する記述では、『動的平衡』について述べていたものの、この言葉は記載されておりませんでした。
栄養学に言及すると、ビタミン欠乏の解決はデカルト的世界観ですね。この功績は素晴らしいモノです。しかし、現代の生活習慣病には、うまく対応できない概念モデルですね。同様に、肥満とやせ・食品ロスと食糧不足など、現代の栄養問題であるDBM(Double Burden Malnutrition)にも適応範囲外だと思います。


心理学も進んだと思います。この本では、フロイト・ユング・ロジャーズは登場しても『認知行動療法』の話は出てきませんでした。新しい世界観は、認知行動療法(特に第三世代)とよくフィットすると思います。


逆に、最も進んでいないのは【経済】かなぁと思いました。

なんといったって、経済は未だに「無差別の成長」を原則としております。資本主義発展の条件は、資源が豊かで人口が少ないことと書いてありました。これは、最近の経済書でも似たようなことが述べられていますね。

個人的には、もう前提がおかしいことは明らかなのに、まだ「成長戦略」とか「経済成長」という言葉を耳にしますよね。成長戦略が描けないなんて当たり前だと思っています。

早くターニングポイントを通過して、経済第一というお金の物差しではなく、生物とは?人間とは?という物差しで社会を作り直す時代が到来してほしいと思います。


<キーワード>
相対性理論 デカルト ニュートン エントロピー

<関連文献>
『エントロピーの経済学―もうひとつの未来を創る』(ダイヤモンド社) 『脱病院化社会』 『アクエリアン革命』 『健康という幻想』






役に立ちましたらお願いします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://newtrition.blog49.fc2.com/tb.php/182-fe3efd5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。