養生ブログ by食医の卵

元気に、健やかに、達者に生きることを応援します!!

『21世紀は警告する(2)』

No.138
著者 NHK取材班

2014年9月に読みました。この本は1984年12月に出版されています。シリーズ6巻の2巻になります。
約30年前の本ですね。当時の将来が現在となるのでとても面白く読めます。

第一部が“飢えか戦争か”、第二部が“都市の世紀末”となっています。第一部を中心に話を進めます。

第一部のテーマは「肉食」であり、豚が主役です。肉食と豚から世界がどう繋がりこれからどう流れていくのかを考えていきます。


<著者の主張>

1.戦争が飢えを生む時代から、飢えが戦争を生み出す時代になった。

2.先進国の肉食が、貧富の格差拡大の原因の一つである。

3.石油文明によって食糧の長距離・高速・大量輸送が可能となり、自給自足体制が崩壊した。



<補足・感想等>

第一部の終章9頁は是非読んで頂きたいと思います。

この本では中国が、2000年に向けて“肉食倍増計画”をしていることが書かれています。
具体的には豚肉生産量を3000万トン、これに必要な飼料作物はおよそ1億5000万トンとなっていました。

以前ブログで【CHINA STUDY】を紹介しましたが、かなりの変化ですね。 
先進国の歴史を見ると、穀物の生産によって飢餓を回避できるようになるとその先には必ず肉食が出てきます。そして一度、肉食を始めるともとの食事体系には戻れない。

だから【CHINA STUDY】は二度とできない疫学調査として価値があります。先進国には宗教上の理由などで肉食をしない“特殊な集団”しか存在しないため、動物性たんぱく質摂取が少なくかつバイアスのない研究ができないのです!!!


アメリカのとある報告によると、2013年、世界全体で推定1億700万トンの豚肉が消費されたうちの半分を消費したのが中国だそうです。
これを見る限り、肉食倍増計画は予定どおり達成されたということでしょう。


この本には、「穀物を輸出できるほど多くつくれる国は、世界中でたった5カ国しかない」とあります。
現在だと、アメリカ・カナダ・オーストラリア・フランスにウクライナ・中国・ロシア・インド?辺りでしょうか。

日本も米以外の大部分は輸入に頼っています。飼料はほぼ輸入ですね。石油文明が終わったら現在の畜産は成り立たなくなります。ですからTPPによる各国が食糧を分ける分業型よりも自国で生産する独立型のほうがこのような危機には遥かに強いことは容易にわかります。他にも、天候等による自然災害は年々増えていると思います。

どうなることやら・・・(^_^;)

途上国の伝統式農法では人口増加に食糧が追い付かないため不足する食糧を輸入することになります。しかし穀物が肉食による飼料の需要によって価格高騰すると、途上国では買えなくなります。こうして貧富の差が広がっていくことになります。 

現在は貧富の国家間差だけではなく国内差も増え、これまでの貧困と飢餓から、【肥満・貧困・飢餓】の3つのワードが複雑に絡まった状況になってきたと感じます。

どうなることやら・・・(-_-;)



豚と肉食を通して、世界の流れを見るというこの本の着眼点は大変面白く、そして深刻な問題を露呈させてくれたと感じます。是非、一読して下さい。


<キーワード>
肉食 飼料 輸入

<関連文献>
『貧困と飢饉』(岩波書店) 『肥満と飢餓――世界フード・ビジネスの不幸のシステム』(作品社) 『ぼくらはそれでも肉を食う―人と動物の奇妙な関係』(柏書房)


梅山豚
これは本の裏に載っていた「梅山豚」という中国の豚です。






役に立ちましたらお願いします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://newtrition.blog49.fc2.com/tb.php/192-c2d715f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad