FC2ブログ

養生ブログ by食医の卵

元気に、健やかに、達者に生きることを応援します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“食わぬ養生会”

2010年大晦日~2011年元旦の話です。

熊本県の【公立菊池養生園診療所】にて断食を行なってきました。
No.65で少し触れましたが、平成23年度で終了しており、現在は行なっておりません。私は平成22年度(第35回)に参加しました。終了前に参加することができてラッキーでした。

これまで自分で断食っぽいことをしたことは何度かありました。風邪の時などですね。だから寝ていることが多かったのですが、この時は、断食しても普通に生活をしているという意味で初めての体験でした。

食わぬ養生会の主旨は、
「元旦のお祝いの日こそ食の有難みを感じるために断食しよう」
というものです。
現代人にはぴったりだったからこれだけ長い間続いたのだと思います。


それでは一連の流れを簡単にお示しします。ちなみに参加者は16名でした。
①大晦日の食べ納め

熊本養生園 012
雑炊だったと思います。鯛の骨は多かったのですが、皆さん骨の周りまで綺麗に食べていらっしゃいました。これからの断食に備えてですね。
17時過ぎに食べたこともあり、寝る前には「おなかすいた~」という声がちらほら聞こえていました。紅白歌合戦を見ながらも皆さん食べ物の話ばかりしていました。

ダメと言われるとしたくなる・・・失って初めて有難みがわかる・・・これが人間なんでしょうね。

なお、ものを食べることはできませんが、お茶は飲み放題でした。これは脱水症状にならないためです。通常は食事からかなりの水分を摂取しているので、それが無い分意識して水分摂取を心掛けることが大切です。


元旦の朝は雪景色でした。初めての熊本で珍しい積雪を見ることができてついていました♪


熊本養生園 018
こちらは【伝承館】にあった南瓜です。コップの大きさと比較して分かるようにかなりの大きさです。約40Kgと言われました。生命力の神秘を感じましたね!
午前中はこちらで、竹熊先生から有難いお話しを聞きました。


午後は養生園に戻り、銭湯へ行きました。
私はこの風呂上がりの時が一番身体がフラフラしましたね。普段は全く感じませんが、入浴で体力を消耗したことを感じました。断食中の入浴は要注意ということがよくわかりました。

これが元旦の1日でした。


②食べ初め
熊本養生園 029
1月2日の食べ初めです。スプーンがありますが、お粥ではなく、「甘酒」です。もち米と米麹を入れて作ったということでした。私の中では、甘酒=酒粕だったので、これも初めての体験でした。非常に美味しかったです。

そしてこれを食べた後、身体にフッと力が入っていく感じがしました。これも断食をしないとわからなかった体験ですね。

その後、書き初めをして参加者全員で今回の体験についての感想を話し合いました。


③回復食
熊本養生園 039
断食を治療で行う場合は減食→断食→回復食というサイクルを取ります。
急に食事をすると胃腸がビックリしてしまうんですね。回復食に一番注意をするそうです。ここで気を抜く人が多いから自分でやるのは危険と言われるのだと思いました。



今振り返っても、食わぬ養生会に参加して非常にいい体験ができたと思います。
ここで出会った方と色々なお話しをしました。元旦に断食をする人(変わり者)ですから、みなさんそれなりに食べるということに関心を持っておられます。
私以外にもこのような世界に興味を持っている方は結構いるんだなぁというのが率直な感想でした。そして、同時に食に関して悩んでいる人の存在も知りました。
実はこの一連の出来事が大きなきっかけとなり、これまで自分が見てきた世界を伝えることで少しでも役に立てるのならば・・・ということで、このブログが始まりました(笑)


やっとここまで綴ることができたことを嬉しく思います。
どうぞこれからもよろしくお願いします<(_ _)>



役に立ちましたらお願いします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://newtrition.blog49.fc2.com/tb.php/195-191afde6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。