FC2ブログ

養生ブログ by食医の卵

元気に、健やかに、達者に生きることを応援します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅が育む家族の絆と人間性 Part5 ~未来ある真の”旅育”のために~

2012年12月8日㈯、東洋大学白山第二キャンパスにて、東洋大学地域活性化研究所主催のシンポジウムに参加してきました。
幕内先生のブログでこの話が紹介されており、たまたま仕事のシフトが休みだったので行ってきました。
幕内先生とはネット上のやりとりはしておりましたが、実際に会ったのはこれが2回目だったと思います。大学院1年の夏以来ですから、3年以上ぶりですね。

この日のメインテーマは「旅(旅育)」であり、「食」ではありません。それでも参加したのは面白そうだったからです。
何がかというのは、まずチラシを読んで下さい。

旅育

わかりましたでしょうか?
このチラシに書いてあるとおり、幕内先生の担当は、「食育の失敗から旅育は何を学ぶのか」ということでした。
「食育の失敗」と断言しているところに惹かれましたね。笑


以下、幕内先生の話を中心に学んだことを記します。

・食べるための法律は3つある。
 ①監獄法 ②学校給食法 ③食育基本法

制定されたのも順番通りで、順に明治41年、昭和29年、平成17年となっています。

食育は法律の名前に入っておりますから、認知度が高くなって当然ですよね。
そしてこれには明確な戦略もありました。それは予算から読み取ることができます。

平成19年度 食育関連予算概算要求事項
平成25年度食育関連予算概算要求事項

他の年度は見ておりませんが、おそらく平成19年度がピークで、関連予算を含め約122億となっています。ただ、比較する際は文部科学省だけの予算の方が正確だと思います。
そうしますと、平成19年度は約21億円。対して平成25年度は約2.9億円です。

多額の予算を投じて食育を広めたわけです。その結果、何が起こったか・・・!?

「何でもかんでも食育」となった(T_T)

つまり、言葉が先行し中身が蔑ろになり、理念から遠くなったのです。

ここに新しい言葉の普及の難しさがありますね。
葉を広めれば広めるほど、使えば使うほど陳腐化する。それにより結局、自分で自分の首を締めることになる。

食育基本法を読むとこの理念は本当に素晴らしいと感じます。しかし、現実は中身の無いものになってしまった。
これが、幕内先生の講話の中心でした。

具体的には、ファストフードをはじめとする大企業、言い換えるとこれまで嗜好品の売上で業績を伸ばしてきた会社も「食育」と言うようになった。さらには学校をはじめ出前授業をするようになった。
そこで、自社の製品をどう説明するか・・・。

「うちの○○が身体に悪いのではない。」「食べ過ぎることが悪いのだ!」


企業戦略としてはいいんでしょうね。現在のファストフードや外食産業の状況からすると、一定の健康ビジネスを取り入れたことは正しかったと思います。

ただ、食育の歪みはこれだけではありません。

それは、民間資格の乱立です(・_・;)

検索すると本当にたくさん出てきます。お金を払えば誰でももらえるような資格もありますね。
悲しいのは、そのような資格を取ることを管理栄養士養成課程で奨めているような大学があることです。

医師・薬剤師・看護師などの医療職種に民間資格はありません。

幕内先生は厳しく、「食育の失敗は、栄養教育の無力さが露呈されただけだ。」
とおっしゃっておりました。

「食育はエビデンスがわかりにくい。だから、数値化した途端に裏を取られ墓穴を掘ることになる。」
「数値化できるものはある意味薄っぺらいものだ。」


ときどきこの言葉を思い出したいと感じました。


役に立ちましたらお願いします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://newtrition.blog49.fc2.com/tb.php/214-10d11114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。