FC2ブログ

養生ブログ by食医の卵

元気に、健やかに、達者に生きることを応援します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『幼児教育と脳』

No.92
著者:沢口俊之


2012年3月下旬に読みました。
私は栄養・食事はさながら、能力開発・自己啓発などにも関心がありますのでこれまでも脳関連の本はいくつか読んできました。ただ、幼児を中心とした本は初めてでしたね。どうしても常に興味の中心は自分に関係することですから・・・。幼児期の学習法を知っても今の自分にはあまりメリットなさそうですもんね(苦笑)
でも、これは仕方ないのかもしれません(読んでそう思いました(*^^)v)



<この本から学んだこと>



1. ヒトの知性は多重である。


2. 8歳までの教育が超重要!


3. PQ教育の環境を整えよう。





<感想>
この本はしばし専門用語が登場しますので、難しいと感じられる方も多いかもしれません。PQというのは著者の持論を展開する上で重要なキーワードです。PQ=Prefrontal Quotient(前頭前知性)これは人間らしく社会を生き抜くために必要な知性と説明すればよいでしょうか?(著者の方、不適切でしたらすいません<(_ _)>)

ただ本ブログの中心はそこでは無いのでこれ以上深入りするのは止めに致します。

今回私がお伝えしたいのは、どちらかというと1と2の方なのです。というか主に2番です。

【8歳までが勝負】を、食事に置き換えるならば、

この頃までに健全な味覚の育成(教育)、食習慣の確立(教育)が必要だ!!ということになるかと思います。極端な話、毎朝カップラーメンを食べていたら、「朝食=カップラーメン」というのが普通になるでしょうし、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の味覚も日本人らしく育まれないことは想像に難くないと思います。

もしそうなってしまえば、化学調味料のような濃い味付のものしか美味しいと感じられなくなってしまう可能性は高いでしょう。味の濃淡も理解できないと思います。


(少々脱線します)
例えば、うま味成分であるグルタミン酸は舌の味蕾に受容体があるため(この発見によってうま味が基本味として認められた)うま味の認識は世界共通でも良さそうですがそうはいかないようなのです。

実際、日本の出汁とアジアの魚醤は共にうま味を料理に使うという点で類似しております。しかし、日本人は出汁の美味しさがわかっても、魚醤の美味しさがわかるかというと難しいようです。
私もナンプラーを口にしたことがありますが、匂いの方が気になってしまいました。同様に他国からすると出汁の匂いが嫌という意見が上がったりするようです。

つまりここには、後天的要素があるということだと思います。それは幼い頃培った食体験に基づくものだと言って良いのではないでしょうか。著者の言葉を借りるならば、脳内にフレームが形成されているかどうかということになると思います。


大人になるといろんな付き合いがありライフスタイルの変化により、子どもの頃と食生活は大きく変わってしまうこともあるでしょう。生きていく上では仕方が無い部分も多いと思います。
そうなってしまったとしても、幼少期に培った味覚と食生活が健全であれば、自動的に身体がそれを求めるのではないかと思います。

子どもの食生活を考える上での優先順位は何か?考えさせられました<(_ _)>




<キーワード>
脳 PQ教育 可塑的変化 


<関連文献>
『0歳 教育の最適時期』(ごま書房) 『「私」は脳のどこにいるのか』(筑摩書房) 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(河出文庫)









役に立ちましたらお願いします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://newtrition.blog49.fc2.com/tb.php/46-65b0c93f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。