FC2ブログ

養生ブログ by食医の卵

元気に、健やかに、達者に生きることを応援します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『健康という幻想』

No.106
著者 ルネ・デュポボス
訳 田多井 吉之介

2013年2月に読みました。
今まで紹介してきた本の中でも相当難しい部類に入ります。教養がないと中々頭に入っていかないかもしれません。私は感染症などの歴史についてあまり知識が無かったので苦労しました。。

著者はハーバード大教授、訳者はハーバード大卒という経歴で、この本は1977年に新装版として出版されました。訳者はあとがきで「この本を読まずに、現代の医学も過去、未来の医学も語れないだろう!」と書いておりますように、歴史を知る上で役に立つと思われます。

ただ今回は理解度が低いので些か躊躇われますが、ブログの記事とします。



<本書の結び>

「地球は憩いの場所ではない。人間は必ずしも自分のためではなく、永遠に進んでいく情緒的、知能的、倫理的発展のために、戦うように選ばれているのだ。危険のまっただ中に伸びていくことこそ、魂の法則であるから、それが人類の宿命なのである。」


<内容の紹介と感想>

この本は八章構成になっております。各章で私が感じたことを書いていきます。上記の理解に繋がるかはわかりません(笑)


一章 エデンの園:これまで人類は健康を求めてきた姿は大きく二通りあった。それは「自然に戻った生き方をするのがいい」という自然回帰派と、「科学によって健康が明らかにされる」という科学派。しかし、それはどちらも誤りだ。

二章 生物的・社会的適応:小題通り、生物が適応していくという内容。P28から人間の生物学的適応について書かれてあります。
“体表面積とからだの容量比が小さくなればなるほど、単位時間当たりの熱損失は少なくなる…背の低い脂肪に被われたからだのつくりは、北極の気候で役に立つ。…気温は地上から数フィート高まるとずっと低くなるから、砂漠では背が高いことが得”
他にも水分代謝や換気機能などについて書かれていました。

安易な体位向上は適応から外れ何処かに歪みを生じると思いました。

三章 生物界の苦闘と協力:自然淘汰も生態学的平衡も同じだということを知りました。
生態学的平衡というのは、ざっくり説明すると、食物連鎖によって種々の数がバランスを保っているというものです。しかし人間は捕食されませんよね。ここで自然淘汰の出番です。勿論、食物連鎖自体が自然淘汰ではありますが、私は捕食されない人間は、ウイルスや細菌によって淘汰されていたのだなぁということを言いたかったのです。
これが科学によって免れる術を得、乳幼児の死亡率が一気に下がり、・・・結果は地上の人口激増ですね。

四章 環境と病気:人体は内部環境と外部環境の相互作用によって生きている。主に病因をCAMは環境の不調和に求め、西洋医学は特異的なものに求めていますが、大事なのは「相互作用」の理解ということですね。

五章 ヒュギエイアとアスクレピオス:前者は養生的・公衆衛生的、後者は治療的・個別的です。
(P127より引用) メチニコフは…正しい生活を意味するオルソビオージス(orthobiosis)という言葉を発明し、寿命と健康に関するあらゆる因子を包括させて、鳥獣に必要なあらゆる改革を象徴しようとした。
→→面白い言葉を知りました♪

六章 社会からみた健康と病気の形:適応には時間がかかるということを学びました。
(P156) オートメ化と計器看視は、肉体労働の辛さを除去したが、単調な環境と機械の操作は、人間の脳に対する破壊作用をもっている。
→→先進国の精神疾患と関連あると思います。

七章 人口と文明に対する病気の影響:絵画など芸術の世界に病気が影響したというのを初めて知りました。日本でセカチューが話題になったのも同じか??

八章 ユートピアと人類の最終目標


私は結びの文を読み、現代の健康問題は健康自体が目的となった人が増えたことが大きいのではないかと感じました。
これに社会変化に適応が追い付いていないこと、外的環境の影響が軽んじられていることなどが絡んでいる気がします。

健康が目的ではなく手段になった時、ようやく望んでいた健康を手にすることができるのかもしれませんね♪




<キーワード>

適応 環境 微生物

<関連文献>
『人間と適応―生物学と医療』(みすず書房) 『岩波西洋人名辞典』(岩波書店)








役に立ちましたらお願いします。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://newtrition.blog49.fc2.com/tb.php/85-4ebd18a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。